AIビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会

AIビジネスの法律実務 人工知能法務研究会

Add: ifemoho33 - Date: 2020-12-15 12:09:51 - Views: 6655 - Clicks: 9018

3 図書 aiビジネスの法律実務. aiビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会 単行本 ¥2,640 この商品は、Amazon. 第2回「人工知能(AI)とビジネス法務」 私たちの身の回りは、各種の家電製品をはじめとして、広い意味での「人工知能」(Artificial Intelligence)が溢れるようになりました。 その勢いは止まることなく、今後ますます増大して行くでしょう。.

1.人工知能(AI)、AI関連技術とは何か ~機械学習を中心に 2.AI技術を活用したビジネスの現状 3.AI関連技術の活用による事業化を検討する上での ポイント 4.AIをめぐる法的問題点の概観 (1)総論 (2)AI創作物と知財制度上の取扱い. 第3版 フォーマット: 図書 責任表示: 伊東啓, 本柳祐介, 内田信也著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売),. AIビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会/編 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. aiビジネスの法律実務 AIはどうしても「技術的にこんなことができる」という話が先行しますが、ビジネス活用にあたっては AIを構築する際の第三者が著作権を持つ学習データを利用してよいのか.

1 人工知能(AI)研究の進展 1人工知能(AI)とは 「アルファ碁(AlphaGo)」*1が、囲碁にお けるトップ棋士の一人である李九段(韓国) との5番勝負に4勝1敗で勝利したことは、 世界に大きな衝撃を与えた(年3月)*2 (図表4-2-1-1)。既に、チェスでは米IBM. 11: 大きさ、容量等: 228p ; 21cm: 注記 索引あり 注記 ndc(9版)はndc(10版)を自動変換した値. まずは、人工知能(AI)技術の進展が、具体的にどのような業界・業種・職種へ影響を与えるのかを見てみよう(表1)。 以下の一覧表を見れば分かる通り、あらゆる分野・業種で人工知能(AI)技術が既に実施されているか、もしくは、今後実施予定である。結論から言ええば、ありとあらゆる分野・業種・職種へ影響するものであり、ビッグデータと人工知能技術の普及で影響を受けない分野・業種・職種はほとんどないと言えよう。人工知能関連技術の市場規模は、ある試算によれば、年の3兆7000億円から、年には6倍の22兆億円へ急成長することが見込まれている。これは既得権者であってもなくても、双方に大きなビジネスチャンスとなるだろう。すべてのモノの情報がネットでつながり生活や業務が効率化される、IoT (Internet of Things)あるいはIoE (Internet of Everything)とよばれる現象が、今後急成長するマーケットを示唆している。 表1. 西村あさひ法律事務所. jpが販売および発送します。 通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細. 書名 aiビジネスの法律実務; 監修・編集・著者名 人工知能法務研究会/編; 出版社名 日本加除出版; 出版年月日 年11月27日; 定価 2,592円; 判型・ページ数 a5判・240頁; isbn; cコード c.

1.人工知能(AI)の開発が急速に進んでいることで何が起きようとしているのか -主に米国の動きはどうか (1)Singularity(技術的特異点)の衝撃 (2)人工知能(AI) (3)ドローン (4)自動運転自動車. 定価: 2,640円 (2,400円+税) 著者名:人工知能法務研究会 出版社:日本加除出版 取り寄せ商品. 人工知能法務研究会 | 年11月発売 | AIと仕事と法務、弁護士視点の解説書!人工知能が造る社会の問題点を気鋭の弁護士たちが鋭くきりこむ!いまビジネスの場面でAIを活用するとき、どんな法的問題があって、これから備えるべきでしょうか。「AIによる生成物は誰のもの?」「AIに与える. AIと弁護士 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 宮野 勉 1.弁護士はAIに取って代わられる? 先日、AI(Artificial Intelligence、人工知能)の研究者とお話しをする機会があった。. ~コーポレートガバナンスという観点からLegalTechに期待すべきこととは~ MNTSQ株式会社(本社:東京都中央区、 代表取締役:板谷 隆平、 以下「MNTSQ(読み方:モンテスキュー)」)は、. 人工知能(ai)のビジネス利用はどのように進むのか 革新的な技術の勢い自体は止まらない 技術と社会の受容というやっかいな問題 第4章 医療と人工知能(ai)・ビッグデータの現状と法的問題. AIビジネスの法律実務 新刊.

aiビジネスの法律実務: 著者: 人工知能法務研究会 編: 著者標目: 人工知能法務研究会: 出版地(国名コード) AIビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会 jp: 出版地: 東京: 出版社: 日本加除出版: 出版年月日等:. 5 図書 aiビジネスの法律実務. 第2版 フォーマット: 図書 責任表示: 伊東啓, 本柳祐介, 内田信也著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい(発売),. 「ディープラーニング(深層学習)技術の急速な進歩」と「データ処理技術の急速な進展」によって、人工知能が人類の知性を超える「Singularity(シンギュラリティー=技術的特異点)」が年までに起こるのではないかという予測がある。すでに既にシリコンバレーでは、急成長産業と位置づけて、人工知能の技術者の活発な争奪戦が始まっている。日本でも、人工知能の研究者が20代の若手院生であっても年収1千万円を超える高給で米企業からオファーを受けている(シニアの研究者は数千万円)と聞いている。これに対し、法的な課題も議論されており、人工知能には厳しい法規制が必要と述べる識者もいる(起業家 Elon Musk 氏によるコメント ” Elon Musk: artificial intelligence is our biggest existential threat”)。以下は、人工知能利用ビジネスに関するアメリカ米国の試みだ。その動向を見てほしい(表2)。 表2. 著者 人工知能法務研究会 (編). ファンドビジネスの法務 フォーマット: 図書 責任表示: 伊東啓, 本柳祐介, 内田信也著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい(発売),. テレワークにおけるai技術・データの利活用、限定提供データ、個人情報保護の留意点を踏まえて解説!西村あさひ法律事務所 弁理士・弁護士 濱野 敏彦 氏年東京大学工学部卒業。. 本セミナーでは、主に、法務・知財の観点から、ai・ビッグデータ・iotビジネスの課題を浮き彫りにし、解決に向けた戦略と実務へ如何に反映するかを探っていきます。 1 ai・ビッグデータ・iotのビジネス活用の課題 2 aiビジネスにおける法務・知財戦略.

人工知能ビジネスを成功させるために押さえておきたい法的留意点と心得』 ~ビッグデータの収集・利活用をめぐる法的問題点を中心に~ 1.人工知能(ai)に関わる法的問題点の概観 (1)中長期的なaiをめぐる法的問題点の外観. ― AI・ロボット・IoT・自動運転等の法的実務の課題と対応の方向性 ―★ドローン、3Dプリンタ、ビッグデータ等についても解説します。★デバイスカテゴリー毎の法的課題まとめを受講者限定配布!(ドローン、3Dプリンタ、ロボット、Io. 【最安値 2,640円(税込)】(12/14時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:エイアイ ビジネス ノ ホウリツ ジツム|著者名:人工知能法務研究会|著者名カナ:ジンコウ チノウ ホウム ケンキュウカイ|発行者:日本加除出版|発行者カナ:ニホンカジ. 人工知能法務研究会 | HMV&BOOKS online | 人工知能法務研究会の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!. AI生成物に著作権が認められないとすると、AI生成物に 対して行った投資を回収できないのではないか。例えば、”The Next Rembrandt” プロジェクトでは、大きな投資がなされている。 そのため、AI生成物についても著作権法の保護対象とするべき ではないか。 ・. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; aiビジネスの法律実務: 人工知能法務研究会 編: 日本加除:.

See full list on bizlaw. 業務改革・労働・自動運転・教育・医療・投資・企業統治・学習用データや知的財産権と. 人工知能(AI)関連技術の法的実務の課題と対応の方向性 書籍 備考 fax 人工知能(ai)関連技術の 法的実務の課題と対応の方向性 ★これまでにない人工知能法のガイドブックです! 第0 章 はじめに カテゴリーの整理 第1 章 第四次産業革命の衝撃. 8 形態: xv, 302p ; 21cm 著者名:. 【tsutaya オンラインショッピング】aiビジネスの法律実務/人工知能法務研究会 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. ビジネス実務法務 .

Pontaポイント使えます! | AIビジネスの法律実務 | 人工知能法務研究会 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 九州産業大学大学院経済・ビジネス研究科. 8 形態: xiii, 279p ; 21cm 著者名:.

活動概要 人工知能、自動運転、フィンテック、ゲノム編集(遺伝子操作)・・・昨今、技術の急激な進化に伴い、市場での競争要因やビジネスモデルも変化を余儀なくされ、すでに従来には想像もできなかったようなリスクが顕在化しています。法律分野も従来にはなかった対処を迫られ. 田島正広弁護士が代表を務めました人工知能法務研究会編集の「AIビジネスの法律実務」が 日本加除出版より出版されました。田島弁護士は第10章AIと企業統治・コンプライアンス体制構築の執筆を担当致しました。. 年7月20日、国務院は,「新世代人工知能開発計画」を発表し、ai技術を国家戦略として位置付け、法制度については、 年までにより完備されたai関連法令、倫理規範および政策システムを確立する としました。.

AIビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会

email: bagugale@gmail.com - phone:(426) 970-4261 x 4347

宮崎県 県立高校入試問題 平成14年度受験 - 外務省条約局 二国間条約

-> 最新カラオケ歌謡400 - ドレミ楽譜出版社
-> Dr.村松のデンタルマネジメントクリニック Do - 村松達夫

AIビジネスの法律実務 - 人工知能法務研究会 - 真崎知生 役にたつ免疫実験法


Sitemap 1

レーニンと『資本論』 全7巻セット - 税金なぜなぜ質問箱 大蔵省印刷局